DVD 『 PET 檻の中の乙女』 鑑賞/雑感

2017年07月08日 00:02

「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映されたサスペンススリラー、『 PET 檻の中の乙女』(原題:Pet)。アメリカとスペインの合作で監督はスペインの新鋭カルロス・トレンス

動物保護センターに務めるストーカー男が、バスで元同級生の女性を見かける所から始まる監禁モノだが、…あぁ、よくある歪んだ愛の形を描いたストーリーだな、と思って観ていると、中盤からとんでもない方向に物語が曲がり出す。
半裸状態で監禁されているおネェちゃんのエロチックな姿態の映像を期待すると、非道いモノを観たと後悔する事になります。

確かに意外な展開で、飽きずには観る事が出来るし、エッ、あの友達って「ビューティフル・マインド」の時と同じ存在と驚きはするけど、何せ、後半、グチャグチャなスプラッタ・ホラーに転じるので、その手が苦手な御仁には絶対お勧めしません。

…通常の監禁モノと思わせて、話を引っ繰り返すまではいいんだが、何せ、監禁場所とか、話の進め方に突っ込みどころが多すぎて、最終的には見事にしょうもない作品に仕上げてあります。

いやぁ、監禁モノの傑作って、ウィリアム・ワイラーの「コレクター」以上の作品は出てこないなぁ。
ワイラーが、テレンス・スタンプを主演を据えて撮った誘拐、監禁モノの傑作です。未見の方はDVDを探してでもご覧あれ、ちなみに、この「コレクター」とテレンス・スタンプに関しては、こちらの"テレンス・スタンプ主演作、この2本がベスト"を参照ください。

『 PET 檻の中の乙女』予告編(YouTube)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1402-b3be25b5
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------