ハードボイルド&ミステリー名作映画化作品-3 『幻の女』

2017年06月24日 08:28

前回からの順番で行くと次ぎは「ロング・グッドバイ」だと思った貴方、それは2年前に書いているんで割愛。今回はコーネル・ウールリッチがウィリアム・アイリッシュ名義で書いた『幻の女』(原題:Phantom Lady)を取り上げる。
海外ミステリ・ベストで必ず上位に入る、この原作、知らない人は居ないと思うが、一応ストーリーをかいつまむと‥。

妻と喧嘩し、あてもなく街をさまよっていた男は、風変りな帽子をかぶった見ず知らずの女に出会う。彼は気晴らしにその女を誘って食事をし、劇場でショーを観て、酒を飲んで別れた。その後、帰宅した男を待っていたのは、絞殺された妻の死体と刑事たちだった。
刑事が、彼のアリバイを証明してくれるはずの女を探すが、バーテンダー、タクシー運転手、レストランのボーイ、劇場関係者に聞きこみを行うが、全員が男に連れはなく1人だったと証言。

日本のTVでも過去に何度かドラマ化されているが、映画は1944年のロバート・シオドマク監督版のみ。

モノクロームで、冒頭のユニバーサル・ピクチャーのロゴタイトルは旧スタイル、時間は83分という、今の映画からみると如何にもの古さだが、DVDで観る事が出来る(ちなみにブルーレイは出ていない)。

しかし、結論から言うと、この映画は原作の面白さを活かしていない。原作は主人公の死刑執行が近づくタイム・リミットと、最後まで犯人が解らず、どんでん返しに至る過程の面白さが魅力なのだが、こちらは途中で真犯人をあかしてしまう。

…連れの女が居たはずなのに、貴方は一人だった、という証言が、重なる謎のミステリーは、その後の推理小説で同工異曲の作品が多出したが、原典のアイリッシュ作品の面白さに及ぶ物は、未だに出ていない。

原作を未読の方は、この映画を先に観てはいけません、原作から先に読みましょう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1396-f3709005
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------