ハードボイルド&ミステリー名作映画化作品-2 『大いなる眠り』

2017年06月22日 00:05

前回と同じくチャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズ、『大いなる眠り』(原題:The Big Sleep)。…これ「さらば愛しき女よ」と同日に復刻シネマライブラリーがDVDをリリースしてくれた作品。
「さらば愛しき女よ」の後で監督がマイケル・ウィナーに変わって撮られているが、マーロウ役は ロバート・ミッチャムが続投。

原作は創元文庫から双葉十三郎の邦訳で出ていたが、2012年に村上春樹の訳でハヤカワからも出ている。映画化はハワード・ホークスがハンフリー・ボガートを主演に「三つ数えろ」 の邦題で公開され、この作品は二度目の映画化となる。

これは原作も、この映画も当方は初見。…劇場未公開で、観たいと思った時にはDVDが出ておらず、VHSしかなかったが、既にVHS機器は処分した後。

鑑賞にあたり「さらば愛しき女よ」の出来がいいので、こちらは二番煎じなんじゃないのか、と危惧しながら再生。
まず、舞台がイギリスに設定されているのが、何だかなぁと思えるし、スーツ姿が決まっていて、前作のチョッとうらぶれた感がないのも気になる。
原作の物語はスト-リーが込み入っていて、それをかなり忠実に映画化しているらしいが、兎も角、人間関係が複雑で判り難い。

まぁ不満はあるが、ミッチャムのマーロウを再び観れただけでも満足。そして何より懐かしのスター達が大挙して出ている。ジェームズ・スチュワート、ジョン・ミルズ、サラ・マイルズ、オリバー・リード、エドワード・フォックス等。…それだけでも観る価値は充分にある。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1394-4a49139a
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------