オン・デマンド 『高い城の男』 鑑賞/雑感

2017年06月17日 00:03

フィリップ・K・ディック原作の長編大作、初の映像化である、『高い城の男』シーズン1(原題:The Man in the High Castle)。製作総指揮リドリー・スコットによるTVドラマシリーズで、米国では昨年秋から配信され、現在はシーズン2まで放映済みだが、日本では Amazonプライムが配信中。

原作はヒューゴー賞を受賞し、日本ではハヤカワから邦訳が出ている作品で、第二次世界大戦でナチス・ドイツと日本が勝利し、アメリカが東西に分断されている世界が舞台の"歴史改変SF"で、発表されたのは55年前である。当方は初期の川口正吉ではなく浅倉久志訳版を30年ほど前に読んではいるが、もはやウロ憶えで部分的にしか憶えていない。

映像化のニュースが入った時は、これは観るぞ、と思ったが、まさか、嫌いなTVドラマシリーズだと知って、どうでも良くなった、…日本での配信もDVD販売も当面なさそうだし。…まぁ、しかし Amazonが配信し、第1話を無料配信してるのを知り、とりあえず、導入部の雰囲気だけでも、と鑑賞。

という訳で、第1話だけ観て感想書くな、と言われるのを承知で書いているので、そこは突っ込まないで頂きたいが、左の映像が出てきた時は不謹慎にも笑ってしまった。

まぁ、日本とドイツにより東西に分断されたアメリカのイメージの映像は興味深く見れたが、それほど深く作り込まれてはいないし、何より人間ドラマの部分が薄く、続けて鑑賞しようという気は起きない。

「高い城の男」なる謎の人物によって執筆され、日本とドイツが敗戦国だった、という"架空"の小説が、ここでは映画フイルムになっているのだが、これではナチが禁書にし、保安警察が取り締まると言う「華氏451度」を思わせる設定が生きてこない。

…それと、せめて日本人同士の日常の会話は日本語にして、テロップで英語入れろや、と思うのは私だけではないと思うが‥。

『高い城の男』amazonプライム配信サイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1392-5713bc84
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------