DVD 『ヒッチコック/トリュフォー』 鑑賞/雑感

2017年06月03日 00:10

2015年に製作され。昨年2016年に日本でも劇場公開され、今月、DVDが発売になったドキュメンタリー、『ヒッチコック/トリュフォー』(原題:Hitchcock/Truffaut)。

晶文社から邦訳も出ている書籍「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」を元にしている。
本サイトで6年前に紹介している「アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ」と並んで、ヒッチファンなら読んでおくべき定番本。

フランソワ・トリュフォーがアルフレッド・ヒッチコックにインタビューした際の音声データをベースに、現在の映画監督達へのインタビューも加えて、「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」のケント・ジョーンズが監督している。

出てくる監督達が素晴らしく、マーティン・スコセッシ、デヴィッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、リチャード・リンクレイター等の、ヒッチコックを尊敬する監督たちの登場もうれしい。

「鳥」の俯瞰シーンをスコセッシが黙示録的イメージと言い、リチャード・リンクレーターが神の視点からとらえられたかのようだと説明するシーンがいい。

新旧、数々の名シーンも続々と紹介され、ヒッチもトリュフォーも、その作品が大好きな当方にとっては、あっという間の80分の至福体験ドキュメンタリーであった。

『ヒッチコック/トリュフォー』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1386-d0f605c5
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------