DVD『ジェイソン・ボーン』鑑賞/雑感

2017年03月25日 00:02

元々はロバート・ラドラムの傑作スパイ・スリラー小説「暗殺者」に登場した主人公で本名はデイヴィッド・ウェッブ、『ジェイソン・ボーン』(原題:Jason Bourne)。

原作と映画の関係だが、ラドラム版の邦訳が「暗殺者」が新潮文庫から、「殺戮のオデッセイ」「最後の暗殺者」が角川からそれぞれ出ていて、この順番で映画化され、それぞれの原題名が映画化されたタイトル「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」になっている。
…ちなみにジェレミー・レナー主演の映画「ボーン・レガシー」はラドラムの死後、別人によって書かれた小説の映画化作品で上記3作とは別物。

但し、マット・ディモン主演の映画版も原作とは設定が異なり、「暗殺者」を忠実に映像化したTV映画版も存在する、そのDVDのタイトルが「スナイパー/狙撃者 ボーン・アイデンティティ」とややこしい、これは主演がリチャード・チェンバレン。

…で、今回の『ジェイソン・ボーン』も前シリーズ3作の続編ではなく、映画のオリジナルで、一応リブート作という設定らしいが、映画独自のオリジナル続編という雰囲気だ。但し、前3作に比べ、目新しさは一切無い。

"アイアンハンド"なる国家による監視システムの設定が、そもそも手垢のついたネタだし、アクション・シーンも新味が薄く、ワンパターン。
一応、終盤ラスベガスでのカー・チェィスと、トミー・リー・ジョーンズの悪役振りを楽しめる以外、見所無し。

『ジェイソン・ボーン』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1357-ca62f6c7
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------