DVD『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』鑑賞/雑感

2017年01月26日 08:22

2013年に劇場公開された「グランド・イリュージョン」の続編、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(原題:Now You See Me 2)。

監督が前回のルイ・ルテリエから、「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウに代わった。マジック集団フォー・ホースメンの主要メンバーは前回からほとんど続投しているが、紅一点のアイラ・フィッシャーがリジー・キャプランに代わり、今回、新規登場する敵役をダニエル・ラドクリフが演じている。

これは前回の「グランド・イリュージョン」を観ていないと楽しめない作品で、未見の観客への配慮等はほとんど無いに等しい。
物語は、前回から一年後、フォー・ホースメンのメンバー三人に女性の新メンバーが加わり、巨大コンピュータ会社の不正に挑む。

敵役のラドクリフは天才ハッカーという事らしいが、どうみても駄目なお坊ちゃまにしか見えないのだが、後半、彼の父親は、実は…の展開がある。
マジックシーンは、前回のイリュージョン同様のシーンもあるが、大がかりなトリックよりも、コンピュータチップを盗むシーンの小手先の展開の集積の方が面白い。

結局、前回の面白さは、超えられなかった。…という印象に尽きる作品だった。

しかし、この作品も中国資本が入ってるらしく、後半の舞台はマカオになり、監督もアメリカ国籍だが中国系の人間だ。…しかもこれ、第三作も制作予定で、同じ監督の作品になるらしい。
ハリウッド映画を観ているつもりなのに、中国映画を観せられている雰囲気になるのは、勘弁してほしいのだが、しばらくは我慢しなければならないんだろうなぁ。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1330-67fec1b4
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------