DVD『ズートピア』鑑賞/雑感

2016年08月30日 00:02

動物たちが高度な文明社会を築いた世界を舞台にした、ディズニー・アニメーション・スタジオの作品、『ズートピア』(原題:Zootopia)。

監督が「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアという最高のコンビで製作され、近年のディズニーアニメでは大ヒットとなり、作品自体も高評価で迎えられている。、

なるほど、これは傑作だ、凄い。…「劇場鑑賞もせずに今更DVD観て言うな」というお咎めは敢えて受け止める。

動物アニメではあるが、小さなお子様向け作品ではない、むしろメッセージ性と、ミステリーを含んだストーリーの展開、随所に仕込まれた映画のパロディと隠しネタ等、大人向けのエンタティメントとして成立しているアニメであり、コアな映画ファンに向けた動物アニメでもある。

肉食動物が草食動物を狩る事がなくなった時代、明らかに人種の坩堝ニューヨークをモデルにした、大都市ズートピアを舞台に登場する動物達のキャラクターを観ていると、どうしても「ブラックサッド」を思い浮かべてしまう。

「ブラックサッド」については当サイトの、こちらこちらのページを参照願いたい。

「ブラックサッド」でも、動物のキャラクターを、色々な人間の人種、性格、職業等に割り当て、その当て嵌め方の的確さに感心させられたが、『ズートピア』が同様の手法で描かれていて、その近似性に驚いた。

「ブラックサッド」は擬人化された動物たちによるハードボイルドで、主人公は黒猫の探偵ブラックサッドである。…まぁ、こちらの画を描いているファーノ・ガルニドも、ディズニーのアニメーターとしてのキャリアがあるんで、これはもう、ディズニーやピクサー・スタジオのクリエィター達の、天賦の才能なんだろうなぁ。

Disney『ズートピア』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1265-9fdf87f8
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------