名監督達の傑作を再映画化した作品と企画、1/2

2016年08月25日 00:01

最近、嘗ての名匠、名監督達の傑作を再映画化する企画が続いている。公開予定から、これから製作予定まで、幾つか網羅してみたい。



『ベン・ハー』(原題:Ben-Hur)。
ウィリアム・ワイラーが1959年に監督したこの作品、小説の原作があり、サイレントの時代に二度映画化されているが、チャールトン・ヘストン主演の本作は、70mm作品として公開され大ヒットしている。…CGが無かった時代に撮られた戦車競争シーンの凄まじい迫力は、今観ても圧倒される。
「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」でのポッド・レースシーンが本作品の影響を受けている事を、ジョージ・ルーカスが明言もしている。

今回、この再映画化を監督したのは「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ。既に米国では公開されているが、批評家から厳しいレビューが寄せられ、アカデミー賞歴代最多11冠を獲得したワイラー作品の足許にも及ばない評価となっている。
なお、日本公開は2017年に予定されている。

『ベン・ハー』ベクマンベトフ版予告編(YouTube)



『荒野の七人』(原題:The Magnificent Seven)。
黒澤明の『七人の侍』を元にジョン・スタージェスが1960年に映画化した作品。舞台を西部開拓時代のメキシコに移している。…その後、「続・荒野の七人」「新・荒野の七人」等の続編が別監督で撮られて、劣化コピーと化してしまった。

今回の監督は「サウスポー」のアントワン・フークア。デンゼル・ワシントン、クリス・プラットイーサン・ホーク等のキャスティングで来年1月の日本公開が予定されている。題名は『マグニフィセント・セブン』になる。

『マグニフィセント・セブン』予告編(YouTube/英語版)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1262-a84865a5
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------