DVD『スティーブ・ジョブズ』感想/雑感

2016年07月19日 00:01

『スティーブ・ジョブズ』(原題:Steve Jobs)。
スティーブ・ジョブズを映画化した作品って、ドラマ化やドキュメンタリー等、幾つか有るが、今まで一度も観ていない、このダニー・ボイル監督版が初めてである。

まぁ、マイケル・ファスベンダーのジョブズって、どんなもんかな的な興味に、監督がダニー・ボイルで、脚本が結構好きな「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンと揃っていれば矢張り観る事になる。

スティーブ・ジョブズって、そのカリスマ性は認めるが、巷間騒がれる程のシンパシーは、個人的には感じていない。…どちらかと言えば、もう一人のスティーブ、"スティーブ・ウォズニアック"の方が好きで「アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝」なんかは読んでいる。…まぁ、マネジメント側の人間より、技術畑のテクノロジー人間の方が好きだと言う、個人の趣味なんだが...。

で、この映画はもう、アーロン・ソーキンの脚本の巧さで成り立っている作品で、そう来たか、と感心する構成になっている。
いわゆるジョブズの天才と言われる部分を描いた伝記映画を期待して鑑賞すると、アプローチの違いに面食らうかも知れない。

映画は3部構成で、1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMac の3つの新作発表会が始まる前の舞台裏のドラマを見せる、…その総てが「ソーシャル・ネットワーク」を思い起こさせる会話劇で成り立ち、ダニー・ボイル監督らしい映像と音響の挟み方が凝った演出で進行する。

ある程度、3部の時代のバックグラウンドを知らないと、置いてきぼりになる作品ではあるけど、それぞれの時代の機器を知っている人間には、興味深く、印象に残る作品である。

『スティーブ・ジョブズ』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1246-84f4aa40
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------