DVD『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』鑑賞/雑感

2016年05月24日 00:15

昨年あたりから有名映画監督を主題にしたドキュメンタリー作品が幾つか登場し、劇場公開を経て、何作品か、DVDが続けてリリースされている。
2014年8月に紹介した「ロマン・ポランスキー 初めての告白」も、そんな系列の作品だが、こんなに重なるのは珍しい。…今週はその内の3作品を取り上げてみる、先ずは『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』(原題:Altman)から。
やたら長い邦題を付けているが原題は"アルトマン"のみである。

…ロバート・アルトマン、1925年生まれで、約10年前に81歳で亡くなっているんだが、彼が亡くなる10年程前に、心臓移植手術を受けていたと、この作品で初めて知った、それも2006年に第78回アカデミー名誉賞の授与式で、その心臓が若い女性のものだと告白している。心臓移植後、10年も生きていたという事にちょっと驚いた。

まぁ、この手の作品は、その監督作を鑑賞している作品が多い程、面白い訳で、知らなければ興味も湧かない、という事になるが、当方もそれほど鑑賞作は多くないのだが、好きな作品が70年代から80年代の作品を中心に、多くある。
「M★A★S★H マッシュ」、「BIRD★SHT バード★シット」、「ロング・グッドバイ」、「三人の女」、「ポパイ」、「ザ・プレイヤー」、「ショート・カッツ」等で、最初に挙げた3作品は、今でも傑作だと思っている。

で、過去に幾つか、このサイトで彼の作品を紹介しているので記しておく。
"アルトマンとシェリー・デュヴァル『三人の女』『ポパイ』"
"『ロング・グッドバイ』TVドラマとアルトマンの映画"

『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1222-bd8e1d1b
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------