DVD『ターミネーター:新起動/ジェニシス』鑑賞/雑感

2015年11月26日 00:10

何ですか、これは? よくまぁ、こんな酷い作品を公開したもんだ。『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(原題:Terminator Genisys)。

ジェームズ・キャメロンが「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ、期待を遥かに超える予想外のどんでん返し!必見の作品だ」と言ったとか、言わないとか…。
何処がだよ~(怒)。

素人が作るファン・ムービーだって、もうちったぁましな筋書き起てるぞ。アメリカでの興行収入が予想を下回って、初期の新三部作構成が見直され、続編は製作されない可能性があるとか。
‥もうマジで作らないでいいです。

従来のシリーズを観てきたファンからしたら。「へっ!?何で」な設定を幾重にも重ねながら、シリーズへのオマージュを絡めるという脳天気さと薄っぺらさで、鑑賞後は嫌悪感しか残らず。
オマージュというよりはパロディ…ってか、コメディです。

サラ・コナー役のエミリア・クラーク、カイル・リース役のジェイ・コートニー、 ジョン・コナー役のジェイソン・クラーク、T-1000役のイ・ビョンホン。全てミス・キャスト。
スタッフの人選から間違ってんだから、無理ないか。

兎も角、目新しさがひとつも無い、御都合主義のパラレル・ワールドに言い訳じみた説明が…「我々は時間軸からこぼれ落ちた」って何なのさ。
都合のいいように時間軸いじるな、混ぜるな。

このターミネーターファンに思い切り媚びを売った壮大なる失敗作を未見の貴方も早く鑑賞ください。
期待を超える大どんでん返し!必見の作品です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1148-b20c7775
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------