DVD『ブラックハット』鑑賞/雑感

2015年10月17日 00:01

クリス・ヘムズワース主演で、「ヒート」「コラテラル」のマイケル・マン監督が撮ったサスペンスアクション作品、『ブラックハット』(原題:Blackhat)。

香港の原子炉が、何者かのネットワーク不法侵入で爆破され、さらにアメリカの金融市場も被害を受け、アメリカと中国の共同捜査チームが、獄中の天才プログラマーであり、凄腕のハッカーでもある主人公に協力を要請する、…という実によくあるパターンで始まる物語。

冒頭のストーリーだけを聞けば、面白そうに感じるが、ハッキングの頭脳戦の面白さとか、敵の正体不明な存在を追い詰める緊張感とか、まるで無く、中盤までの時間がダラダラと無駄に長い。

後半、捜査チームが犯人を追いかけ、シカゴから香港、マレーシア、ジャカルタを駆け巡る展開になって、ようやくマイケル・マンらしい職人技が顔を見せるが、アクション、銃撃戦とも、嘗てのキレは無い。
何せ、どうでもいいような恋愛を絡め、ご都合主義で展開。…クリス(マイティ・ソー)ヘムズワースが、天才プログラマーに絶対見えない、というのはご愛敬としても、プロ並みの格闘技を披露するに至っては、もう笑うしかありません。

CGで構成されたネットへの侵入イメージの映像も、新鮮味は皆無。…唯一、見所はマイケル・マンお得意の夜景描写と、後半、登場人物が次々と殺されるシーンのみ。お暇な時にご覧ください。

『ブラックハット』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1129-94835bce
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------