日本公開予定作品『ラスト・リベンジ』『真夜中のゆりかご』『デッド・シティ2055』

2015年03月26日 00:04

vice_others

『ラスト・リベンジ』(原題:Dying of the Light)  5月2日(土)有楽町スバル座他。
ニコラス・ケイジ主演作ではあるが、このポスターの"引退"の文字は映画の中の話。勘違いさせるような惹句を入れる日本の配給会社の姑息なやり方は無視するとして、…監督・脚本がポール・シュレイダーで、「ドライブ」の監督ニコラス・ウィンディング・レフンも製作総指揮として名を連ねている。引退勧告をされたCIA捜査官が、テロリストを世界の果てまで追い詰めるポリティカルサスペンスアクション作品
オフィシャルサイトはこちら   ◎予告編(英語版)はこちら

『真夜中のゆりかご』(原題:En chance til)  5月15日(金)TOHOシネマズ シャンテ他。
アカデミー賞外国語映画賞受賞の「未来を生きる君たちへ」の監督&脚本コンビ、デンマークの女性監督スサンネ・ビアと脚本家アナス・トーマス・イェンセンによるサスペンスドラマで、育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力といった現代社会が抱えるさまざまな問題を盛り込んでいる。
主役の敏腕刑事を演じるのはハリウッドでも活躍するデンマーク人俳優のニコライ・コスター・ワルドー。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

『デッド・シティ2055』(原題:Vice)  5月23日(土)有楽町スバル座他。
近未来リゾート都市"ヴァイス"(原題)を舞台に、人間とアンドロイドの壮絶な戦いを描く、ブルース・ウィリス主演のSFアクション作品。監督はこれが初監督作品のブライアン・A・ミラー。
人間以上のアンドロイドが開発された近未来、その危険性からアンドロイドの使用を制限した社会で、アンドロイドを住人としたリゾート施設が開発される。
オフィシャルサイトはこちら   ◎予告編(英語版)はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1040-624adc1b
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------