マイ・フェバリット・アーティスト その3

2015年03月10日 00:10

今回は、非常に似た感じの絵を描く二人の紹介。

sergebirault

イラストレーター / セルジュ・ヴァイラルー( Serge Birault )
イラストレーターというよりは、デジタル・ピンナップ・アーティストと呼ぶべき作家で、サドっ気のある女性を多く描いている。
ドミニク・アングルの肖像画が好きで、空山基の影響も受けていると本人がインタビュー中で語っている。
描く人物に、どこかプラスチックの玩具のような感覚があり、サディスティックな題材との差異で、独特の雰囲気を醸し出す風刺画となっている。もう一人のルーピー・ディヴの作品にも興味があり、良くみているらしい。

◎ Serge Biraultの作品ページ     Awesome Illustrations by Serge Birault
Interview with Serge Birault 1。    Interview with Serge Birault 2

loopydave

イラストレーター / ルーピー・ディヴ( Loopy Dave )
こちらはコミック調のイラストレーター、カリカチュアっぽい人物画が特徴で、映画関係のパロディっぽいものを得意とする。
この人の作品は結構あちこちで見かけ、作品自体は知れ渡っていながら、"人となり"が判らないアーティストなので、そこら辺りの詳細を紹介出来ないんだが、「MAD」誌等の映画パロディもやっていてキャリアは結構長いようだ。
映画のパロディでも抜きん出て数多い作品が「スター・ウォーズ」をネタにしたイラストで、思わずニヤリとしてしまう作品が多い。どちらかというとカートゥーンに分類される画だが、やはり、Serge Birault と画風が似ていて、間違える事がある。

◎ Loopy daveの作品ページ     The Amazing Art of Loopydave
Mind-Blowing Illustrations by Loopy Dave。    Loopy Deviant Art Gallery


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1032-7d04f83a
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------