マイ・フェバリット・アーティスト その2

2015年03月03日 00:01

イラストレーター / ロバート・マッギニス(Robert McGinnis)

昨年末、マール社という日本の出版社から、「アート オブ ロバート・マッギニス:THE ART OF ROBERT McGINNIS」なるタイトルの画集が刊行された。
原本も昨年11月に、Titan Books社から発売されたばかりの画集で、ここのTitan Books社のオフィシャルサイトをご覧頂けば判るが、映画関係の魅力的な"アート集"を数多く出している出版社である。
ここの書籍に関しては、そのうち又、取り上げてみたいと思うが、今回はロバート・マッギニスについて…。

まぁ、当方がごたごた書くより日本のマール社の紹介ページをお読み頂いた方が早いので、一部抜粋する。
"「007シリーズ」「ティファニーで朝食を」……をはじめとする数々の映画ポスターを手がけ、「カバーが本を売る」といわれるペーパーバック市場で、1000冊を越えるカバーを描いている。70年間、現役を続けているだけでなく、第一線で活躍しているイラストレーター界のカリスマである"

この紹介文の冒頭で、"作者名を知らなくても、絵を見ればわかる それがマッギニスである"と記されているように、映画ファンでなくとも、一度はその絵を目にしているアーティストだ。
西部劇の世界やアメリカの古い風景を描いた作品もあるが、映画ファンならば、先ず、その記憶の奥から引き出されるのは、ジェームズ・ボンドとボンド・ガールを描いた魅力的な作品群だと思う。

アンドリュー・ワイエスやノーマン・ロックウェルの伝統に、ペーパーバックの表紙絵のセクシーな女性達を入れ込んだ、正にアメリカならではの‥、アメリカが産んだ‥、驚嘆すべき才能のアーティスト、それがロバート・マッギニスだ。

Robert McGinnis Gallery。   ◎左記サイトは作品が少ないので、こちらから、その膨大な作品群を堪能頂きたい


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1029-aa9b4785
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------