日本公開予定作品『カフェ・ド・フロール』『間奏曲はパリで』『ギリシャに消えた嘘』

2015年02月12日 02:40

cafedeflore

『カフェ・ド・フロール』(原題:cafe de flore)  3月28日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他。
「ダラス・バイヤーズクラブ」の監督ジャン=マルク・ヴァレによるカナダ・フランス合作品。歌手で女優のヴァネッサ・パラディが主演するドラマで、彼女が演じるのは1969年のパリでシングルマザーとして、ダウン症の息子を育てる気丈な母親。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

『間奏曲はパリで』(原題:La ritournelle)  4月4日(土)角川シネマ有楽町他。
昨年のフランス映画祭で上映されたイザベル・ユペール主演作品、監督と脚本はマルク・フィトゥシ。
平凡な毎日に飽き飽きしていた50代の主婦が、夫に嘘をついてまで出かけたパリでさまざまな出会いを通し、本当に大切なものに気づくまでを描くラブストーリー。。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

『ギリシャに消えた嘘』(原題:The Two Faces of January)  4月11日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他。
約1年前に当サイトで"パトリシア・ハイスミス「殺意の迷宮」映画化"として紹介した作品。公開して頂けるのはありがたいんですが、何ですか、この邦題は。元々、パトリシア・ハイスミスの原題が(1月の二つの顔)なんだが、これが邦訳されて「殺意の迷宮」になって、我が国ではほとんど「殺意の迷宮」として知られた原作がこの邦題はないでしょう。
内容については上記サイトで確認願いたいが、ハイスミスの傑作を、ヴィゴ・モーテンセンとキルスティン・ダンストのコンビで映画化って、作品自体は期待大なんだけどね。
オフィシャルサイトはこちら。  ◎予告編はこちら(英語版)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1021-a17201a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------