DVD 『ホテル・エルロワイヤル』 鑑賞/雑感

2019年04月25日 19:05

「キャビン」のドリュー・ゴダードが監督、脚本を手がけたクライムサスペンス、
日本では劇場未公開だが、20世紀フォックスにより3月9日からデジタル配信が開始され、4月19日にはBlu-ray、DVDが発売された作品。
『ホテル・エルロワイヤル』(原題:Bad Times at the El Royale)。

キャストはジェフ・ブリッジス、クリス・ヘムズワース、ダコタ・ジョンソン等で、1969年、カリフォルニア州とネバダ州の境に立つ寂れたホテル"エルロワイヤル"が舞台。
実在しないであろう、このホテルの設定が先ず面白いし、年代を感じさせる車や物や音楽が悪くない雰囲気を出している。

コメディかと思わせる冒頭から、登場人物の怪しげな行動が次々と描かれ、その裏の姿が明かされていく展開がスリリングで、群像劇として結構楽しめる、

怪しげな神父をジェフ・ブリッジス、歌手志望の黒人女性をシンシア・エリヴォ、謎の女性役がダコタ・ジョンソンで、その他に、冒頭、掃除機のセールスマンとして登場し、実はと明かされてすぐに殺されてしまうジョン・ハム、ホテルスタッフ役のルイス・プルマンは、夭折したアントン・エルチェンを想起させる。

クリス・ヘムズワースの出番は後半なので、女性ファンは待ちくたびれるかも知れないが、半裸にシャツ1枚でセクシーさを見せつけ、おまけに年端のいかないケイリー・スピーニーを情婦扱いするという、超怪しい役で、マイティ・ソー役より良い、

まぁ、全体的にはB級感ありの作品ではあるが、そこそこ楽しめる群像クライムサスペンスとしてお勧め。

『ホテル・エルロワイヤル』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------