日本公開予定作品『ちいさな独裁者』『あなたはまだ帰ってこない 』『THE GUILTY ギルティ』

2019年01月31日 08:30

derhauptmannt_others

『ちいさな独裁者』(原題:Der Hauptmann)  2月8日(金)新宿武蔵野館他。
「RED/レッド」のロベルト・シュヴェンケ監督が母国ドイツで撮った作品で、第2次世界大戦末期に起こった実話の映画化。
偶然にナチス将校の軍服を手に入れた一兵卒が、大尉に成りすまし、出会った兵士たちを騙して服従させ権力の味を知っていき、ヒトラーを想起させる怪物的な"独裁者"に変貌を遂げていく姿を描き出す。
『ちいさな独裁者』日本語オフィシャルサイト

『あなたはまだ帰ってこない』(原題:La douleur)  2月22日(金)Bunkamuraruル・シネマ他。
「愛人 ラマン」で知られるフランスの女流作家マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を新進監督エマニュエル・フィンケルが映画化、マルグリット役を「海の上のピアニスト」のメラニー・ティエリーが演じる。
第二次世界大戦時、ナチス占領下のパリ。マルグリット・デュラスは、地下でレジスタンス活動をしていた夫をゲシュタポに突然連れ去られてしまう。彼の帰りを祈り、彷徨い、苦悩し、夫を待ち続ける不安の日々が続く。
『あなたのはまだ帰ってこない』日本語オフィシャルサイト

『THE GUILTY ギルティ』(原題:Den skyldige)  2月22日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他。。
第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞したデンマークの異色サスペンス作品。ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急通報指令室のオペレーターとして応対する日々が続いていた主人公が、ある日、今まさに誘拐されているという女性自身からの通報を受ける事になる。
電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、予測不可能な展開で注目されている作品。
『THE GUILTY ギルティ』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------