DVD『ルーム』鑑賞/雑感

2016年09月29日 00:06

講談社文庫から上下巻で邦訳も出ているエマ・ドナヒューの「部屋」を、「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソンが監督し、「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが主演したヒューマン・ドラマ、『ルーム』(原題:Room)。

トロント国際映画祭で観客賞を受賞し、アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、ブリー・ラーソンが主演女優賞を獲得している。
…父親によって24年間、地下室に監禁された実際の事件から発想を得た原作を映画化した作品で、映画では、見知らぬ男に誘拐され、7年前から施錠された部屋に監禁されている主人公がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子に外の世界を教えるため、全てをかけて決死の脱出を試みる話になっている。

この監督の「FRANK フランク」は未見だが、巧い監督だと、これを観て認識した。誘拐・監禁で始じまる物語だが、ホラー的要素や目を背けるような場面は一切無い。…監禁されている場面は前半のみで、後半は脱出・救助の物語へとシフトする。

ヒューマン・ドラマではあるが、ミステリー的要素も多分にあり、男の子が警察に保護される迄の展開はサスペンスに富んでいる、この男の子が初めて世界と触れ合っていくシーンは、SFのファースト・コンタクトさえ想起させ、やがて家族の再生の物語へと変化する過程の運びが実に巧い。

ラストシーンが冒頭のシーンと被さる感動的ラストまで、一時も目を離せない傑作、お薦め。

『ルーム』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------