日本公開予定作品『ブルー・リベンジ』『フォックスキャッチャー』『パーフェクト・プラン』

2014年12月30日 00:07

blueruin_others

『ブルー・リベンジ』(原題:Blue Ruin)  2月14日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷他。
親を殺されたホームレスの復讐劇を描き、第66回カンヌ国際映画祭監督週間で、国際映画批評家連盟賞を獲得したサスペンス・スリラーで、ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の"未体験ゾーンの映画たち2015"上映作品。
ボロボロの青いセダンに寝泊まりするホームレスが、顔見知りの警官から警察署に呼び出され、かつて自分の両親を殺した男が刑期満了を前に釈放されることを知らされ、男はたった一人で犯人のもとへと青いセダンを走らせる。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

『フォックスキャッチャー』(原題:Foxcatcher)  2月14日2015年2月、ヒューマントラストシネマ渋谷他新宿ピカデリー他。
96年にアメリカで起こった財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化し、67回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したサスペンスドラマ。
監督は「カポーティ」のベネット・ミラー。
スティーブ・カレルが、心に闇を抱える財閥御曹司役を怪演。メダリスト兄弟の兄をマーク・ラファロ、弟をチャニング・テイタムが演じる。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

『パーフェクト・プラン』(原題:Good People)  2月28日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他。
出来心から麻薬取引にかかわる大金を手に入れた夫婦が闇社会の陰謀に巻き込まれていく姿を描いたクライムサスペンス。主人公の夫婦を演じるのは、「猿の惑星: 新世紀」「ザ・インタビュー」のジェームズ・フランコと「私だけのハッピー・エンディング」のケイト・ハドソン。
これに「最強のふたり」のオマール・シーが悪役で絡む。監督は、デンマーク出身のヘンリク・ルーベン・ゲンツ。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

年末年始(本日より1月5日迄)は都合により掲載を休みます。…皆様良いお年をお迎えください。


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------