日本公開予定作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『美女と野獣』『サボタージュ』

2014年07月31日 00:02

sabotage_others

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(原題:Guardians of the Galaxy)  9月13日(土)TOHOシネマズ日劇他。
本年2月に本サイトで紹介済みの、マーベルが出しているコミックのウォルト・ディズニー・スタジオ映画化作品。
マーベルの"Annihilation:Conquest"から派生した新しい方のヒーロー・チームがメインのキャラクターとなる。
アベンジャーズとは異なる異色の超個性的な4名(?)のチームが活躍するが、中でも遺伝子改造されたアライグマの狙撃手、ロケット・ラクーンに注目。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『美女と野獣』(原題:La belle et la bete)  11月1日(土)TOHOシネマズスカラ座他。
ディズニーの長編アニメ映画で知られているが、元々はフランスの民話が基になっている物語で、今回フランスとドイツの合作による実写化作品として登場。
監督は「ジェヴォーダンの獣」や「サイレントヒル」等を手がけたクリストフ・ガンズ、出演はレア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ等。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『サボタージュ』(原題:Sabotage)  11月全国公開。
アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクションスリラーだが、原作は何と、アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」。‥えぇ?という感じだが、物語のベース程度らしい。
「エンド・オブ・ウォッチ」のデヴィッド・エアーが監督。シュワルツェネッガー以外のキャストはサム・ワーシントン、オリビア・ウィリアムズ、テレンス・ハワード等。特殊部隊を率いる捜査官が8人の部下と、麻薬組織のアジトに突入するが、部下が1人また1人と消されていく。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------