HDR画像の制作に挑戦してみた(前回の続き)。

2011年12月30日 00:08

前回の秋葉原のHDR画像について補足する。
先ず、HDRとは何かを簡単に説明すると"ハイダイナミックレンジ"の略で、従来の写真では表現できなかった明るいシーンから暗いシーンまでの全てのディテールを再現し、人間の目で見たままに近いイメージを再現する表現技法で、基本的には、露出の異なる複数の写真を合成処理することにより作成する。
通常、デジカメに付いているオートブラケットという露光を自動的に変えて一度に撮影してくれる機能と、合成するためのソフトが必要となる。

ええと、これ以上の詳細は、cafecicoさんの「HDR Works」というサイトに丁寧な解説があるので、ご覧頂きたい。

兎も角、出来上がりの非日常的な画像に魅せられて、自分でも何とかチャレンジしてみようと言う気になったのだが、手持ちのデジタル一眼 NikonD-40 にはオートブラケット機能が無かった。だが家族の持っていた OLYMPUS E-510 にその機能が搭載されていたので、取り敢えず拝借して撮影に及んだ。
後は上記「HDR Works」サイトにも説明のある、「Photomatix Pro」 と、「PIXEL MASTER HDR」の二つのソフトを入手して挑戦してみたのが、前回の写真である。
(その内の1枚の元となった露光を変えた3枚の写真が下記の画像)

akiba1226_00

結構、HDRにのめり込んでいる方々が多いようで、探せば多くのサイトやブログが見つかる。興味をお持ちになったら是非お試し頂きたい。当方も始めたばかりの初心者だが、ちと嵌まりそうな気配がするので、その内また画像を掲載するかも知れない。

本年最後の記事の内容が映画では無く、アキバ絡みからのPC記事になってしまったが、2011年の記事はこれが最後。皆様、どうぞ良いお年を…。


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------