東宝東和が日本公開を予定している作品『バトルシップ』『メン・イン・ブラック3』『47RONIN』

2011年09月30日 00:07

9月21日のこちらの記事で、"東宝東和が来年に『遊星からの物体Xビギニング』の日本公開を予定している"と書いたが、その他にも大作・話題作の日本配給を最近発表したので、そのラインナップをピックアップ。

tohotowa2012_01

『バトルシップ』(原題:Battleship)  2012年春公開予定。
日米を中心に世界の海軍が巨大な軍事演習を行っている最中、突如宇宙からの謎の物体と遭遇。海軍が、その物体と戦いを繰り広げる事となる、というSFアクション映画。
最近、公開が続いている侵略エイリアンVS軍隊もの作品らしいが詳細は不明。一応制作費2億ドルの大作となる。
オフィシャルサイトと予告編はこちら(英語版)

『メン・イン・ブラック3』(原題:Men in Black3)  2012年5月公開予定。
前回『メン・イン・ブラック2』から10年近くたって続編が製作、主演はウィル・スミス。トミー・リー・ジョーンズも出るが、タイムトラベルが絡む話で、若き日のエージェントKをジョシュ・ブローリン(画像:左上)が演じる、という妙な設定。
う~む、やはりウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビでの活躍が観たいんだけど…、全米は2012年3月25日から公開予定。

『47RONIN』(原題)  2012年12月公開予定。
この作品については、今年3月に"カール・エリック・リンシュと『四十七人の刺客』"の記事で触れているので参照願いたい、監督のカール・リンシュについても、その記事のリンクから辿れるので、同様に参照して貰いたい。
出演がキアヌ・リーブス、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子(画像:左下)と無駄に豪華、しかも脚本が「ウォンテッド」のクリス・モーガンで、最新CG技術を駆使した全編3Dアクション・ファンタジーって、どんなトンデモ映画に仕上がるのであろうか?
『47RONIN』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------