地球外生命体VS人類・SF映画3連発-3

2010年08月31日 00:21

skyline

『スカイライン』(原題:Skyline) 本年11月12日北米公開予定、日本公開未定。
オフィシャルサイトはこちら。 予告編はこちら

[スティーブン・ホーキング博士が「宇宙人は存在するかもしれないが、破滅的な結果をもたらす恐れがあるので、コンタクトは避けるべき」と警告したのが2010年4月25日。しかし時既に遅く、NASAは2009年に外宇宙のまだ見ぬ何者かに向けてメッセージを送信、そしてついに謎の未確認飛行物体が地球に飛来して謎のビームを発射、人々は炎に近寄っていく蛾のようにその光に引き寄せられ、そのまま空に向かって吸い上げられていく…]

監督は「AVP2 エイリアンズVSプレデター」のコリン&グレッグ・ストラウス。
監督が二流で出演者も知った名前が無い、絶対B級間違い無しの作品のように思われる。

人類が空に吸い上げられて行く予告編を観て、半村良のデビュー作「収穫」を思い出した。あれは東京の晴海だったと思うが、人類家畜テーマのSF作品だった。
人類家畜テーマの歴史的作品といえば、エリック・フランク・ラッセルの「超生命ヴァイトン」という傑作がある(人間の恐怖心を食料とする光球状の純粋エネルギー生命体が地球を牧場にして、人類を家畜化し、収穫する話)
但し、この映画が、その人類家畜テーマだと推測している訳ではないので、お間違い無きように…。 


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------