Artist Pickup.Roberto Ferri ロベルト・フェッリ

2019年06月20日 08:21

今回のピックアップは趣向を変えて、いつものアメコミ・アニメ・イラスト関係のアーティストからは離れて、美術の領域からチョイスする。
ロベルト・フェッリ(Roberto Ferri)、既にご存じの方も多いと思う画家で、一度取り上げておきたかった。

robertoferri_01

作品を見るとルネサンス後期の作家だと思いがちだが、イタリア生まれで現在40歳代前半の作家である。カラヴァッジョの影響を受けている現代のバロック画家として注目を集めている。
日本でもベストセラーとなったユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」上下巻の表紙に使われていたのでご覧になった方も多いと思う。

robertoferri_02

凄いを通り越して、凄まじいばかりのエロスを内包して描かれた人間の肉体と、人間ならざる者の絡みは、圧倒されて言葉を失う。
…今年後半は日本の主要都市でカラヴァッジョ展が開催されるが、この人の展覧会が日本で公開されたら、何を差し置いても馳せ参じるんだがなぁ。

Roberto Ferri - Galleria quadri e dipinti
日本美学研究所"『ロベルト・フェッリの牢獄』 最後の歪んだ真珠"
Pinterest "roberto ferri paintings"

Artist Pickup Sergio Odeith セルジオ・オデイス

2019年03月28日 08:29

セルジオ・オデイス(Sergio Odeith)、ポルトガルの3Dストリートアーティストで、1976年の生まれ、1980年代半ばに初めてスプレー缶で絵を描き始める。1990年代以降、大規模な壁画を描く機会が生まれ、落書きや壁画の世界に現れた最も有名なアーティストして認識されるに至る。

sergioodeith_01

2005年以降、アナモフィック3Dグラフィティという、複数の表面に絵を描き、定義された場所からカメラを通して見ると、錯覚が壁から飛び出して生きてくるように見える技法で浮遊物、昆虫、3D文字等を描き、彼のオリジナル作品として国際的に認められるようになり、今や、その先駆者として、全世界の建築物に彼の作品が残されている。

sergioodeith_02

ODEITH - Original Anamorphic Wall。        ◎Widewalls Biography of Odeith
Sergio Odeith facebook Page。        ◎>Sergio Odeith Instagram Page
Portuguese Street Artist Paints 3D Creature Graffiti And It’s Not For The Faint Of Heart (39 Pics)

Artist Pickup Jack Davis ジャック・デイヴィス

2019年02月04日 08:22

ジャック・デイヴィス(1924年12月-2016年7月 没91歳)はアメリカの漫画家、イラストレーターであり、50年代のECコミックス誌等の表紙絵から始めた彼の仕事は、ハーヴェイ・カーツマンが立ち上げた「MAD」誌のイラストで有名になり、その後40年間で「MAD」誌のほぼすべての号に登場している。

jackdavis_02

雑誌以外にも映画のポスターや、レコードアルバムアートを数多く手がけているが、中でも、スタンリー・クレイマーが監督した「おかしな、おかしな、おかしな世界」(原題:It's a mad,mad,mad,mad word) のポスター・アートは注目を浴び、さらに2年後、彼は自分自身のその画像を「MAD」誌の表紙にパロディ化もしている。

jackdavis_01

American Art Archives-Jack Davis
Television and Film Art of Jack Davis
RAPP ART-Tribute to Jack Davis

Artist Pickup アレックス・レイモンド

2018年10月26日 14:44

アレックス・レイモンド(Alexander Raymond) 1909年ニューヨーク州に産まれ、1956年に死去した、アメリカで最も影響力のあるイラストレーターと言われている。。
前回、Artist Pickupで紹介したアル・ウィリアムソンは彼の影響を受けてフラッシュ・ゴードンを描き始めている。

alexraymond-01

フラッシュ・ゴードンは1930年代に連載が開始されたアメリカの新聞マンガで、アレックス・レイモンドによるSF映画のコミック版化作品。ストーリーは単純なスペースオペラだが、アレックス・レイモンドの流暢な描線が人気になり、後の数多くのコミックアーティストに影響を与えた。

alexraymond-02

第二次世界大戦中に、レイモンドはプライベートな探偵漫画であるリップ・カービーを制作。 1956年、彼は46歳で自動車事故で亡くなっている。
ジョージ・ルーカスは、スター・ウォーズにとって大きな影響力を受けたアーティストとしてアレックス・レイモンドの名を挙げている。

alexraymond-03

Artist Pickup アル・ウィリアムソン

2018年09月28日 08:25

アル・ウィリアムソン(Al Williamson) 1931年生まれで、2010年に亡くなったニューヨークのコミック・アーティスト。
ウィリアムソンが最も多く描いたコミック・キャラクターはフラッシュ・ゴードンで、10歳の頃。母親に連れられて観に行った映画「Flash Gordon」からのの影響が大きいと言う。
後に、ウォーレン社の"Creepy"や"Eerie"に作品を発表、その時知り合ったフランク・フラゼッタとの共同制作となる作品も発表している。

alwilliamson_01

コミックやイラストレーションアートの熱心なコレクターでもあるウィリアムソンは、その作品においても数々の賞を受賞し、コミック界において最も賞賛され、影響力のあるクリエイターの一人でもある。…1980年代以降、マーベルコミックスで、スーパーマン、デアデビル、スパイダーガール等の作品を完成にも加わり、数多くのアメコミ・アーティスト達に影響を与えている。
また、後年「スター・ウォーズ」のコミックを数多く手掛けてもいる。

alwilliamson_02

ERBzine Al Williamson - Flash Gordon
Al Williamson - Alchetron, The Free Social Encyclopedia


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------