DVD 『モリーズ・ゲーム』 鑑賞/雑感

2018年12月13日 08:31

「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが、2014年に刊行された実在の女性モリー・ブルームの回想録をもとに脚色し、監督として初挑戦した作品、『モリーズ・ゲーム』(原題:Molly's Game)

「女神の見えざる手」での主演の印象が未だ残っているジェシカ・チャステインがトップアスリートから、ポーカールームの経営者へと転身した実在の女性、モリー・ブルームを演じている。その他弁護士役でイドリス・エルバ、父親役をケビン・コスナーが演じている。

モーグル選手として五輪の出場も有望視されていたモリーが試合中の怪我でアスリートの道を断念。…セレブを相手とするアンダーグラウンド・ポーカーゲームの運営アシスタントを経て、自分のゲーム場を開設するまでになるが、後にFBIに逮捕されてしまう。
モリーを担当する弁護士は、打ち合わせを重ねるうちに彼女の意外な素顔を知る事になる。

繰り出されるセリフの洪水とモノローグの多さが、「ソーシャル・ネットワーク」を彷彿とさせる出來で、チト全部、理解するのはキツく、集中力を要求する作品ではあるが、ジェシカ・チャステインとイドリス・エルバが、実にいい味で出していて、この二人の科白劇部分だけ観ていても充分楽しめる作品になっている。

しかし「女神の見えざる手」といい、本作品といい、ジェシカ・チャステインの存在感に圧倒されるし、この作品を鑑賞した男性客が彼女の胸ばかりに目がいくというのも納得。
監督のアーロン・ソーキンも初監督作品としては、そつなく巧いのだが、傑作に仕上がっているかというと、そこら辺りは、これからの作品待ちという感じではある。

『モリーズ・ゲーム』日本語オフィシャルサイト

DVD『オーシャンズ8』鑑賞/雑感

2018年12月10日 00:02

元はスティーブン・ソダーバーグ監督が手がけた「オーシャンズ」で、2002年の"11"から、2005年の"12"、2007年の"13"までの、計3作のシリーズ。今回は『オーシャンズ8』(原題:Ocean's Eight)。

スティーブン・ソダーバーグは監督作品もプロデュース作品も多く。玉石混合な面も見受けられるが、総じて作品の質は高い。しかし最近は監督引退表明から、さらに引退撤回と低迷感があり、最近の「アンセイン ~狂気の真実~」にしてもイマイチだった。

そのソダーバーグが製作になり、監督が「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスになって、もう「オーシャンズ」には出ないと公言したジョージ・クルーニーに代わり妹のデビー・オーシャン役のサンドラ・ブロックが主人公となり、女性のみの犯罪グループになったのが本編(ちなみに作品中でクルーニーの役は死んだ事になっている)。

まぁ、そこそこ面白く観ていて飽きない構成になっていて楽しめる作品ではあり、明らかに次回「オーシャンズ9」へと繋げたい意思が見え見えではあり、また前作シリーズの登場人物も登場させる等、仕掛けも多い。

しかし、この手の映画は、このシリーズの大元の「オーシャンと十一人の仲間」とか、イタリアの「黄金の七人」シリーズ等、昔の作品では、最後に、犯罪はペイしないという方向に持って行ったんだが、…何なんだろう、この最近の傾向は?

『オーシャンズ8』日本語オフィシャルサイト

日本公開予定作品『メアリーの総て』『シシリアン・ゴースト・ストーリー』『家(うち)へ帰ろう』

2018年12月06日 15:29

maryshelley_others

『メアリーの総て』(原題:Mary Shelley)  12月15日(土) 新宿シネマカリテ他。
英国の女性作家で18歳で「フランケンシュタイン」を書いたメアリー・シェリーの半生を、エル・ファニング主演で映画化。監督はデビュー作「少女は自転車にのって」が第86回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた女性監督ハイファ・アル=マンスール。
女性による脚本、女性の監督、女性の音楽で構成され、一人の高名な女性作家のドラマを描く作品。
『メアリーの総て』日本語オフィシャルサイト

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』(原題:Sicilian Ghost Story)  12月22日(土)新宿シネマカリテ他。
今年4月から5月にかけて開催されたイタリア映画祭2018で、「シチリアン・ゴースト・ストーリー」の邦題で公開され、5年前にシチリアで起きた誘拐事件から寓話的な恋物語を描く作品。
お互いに好意を抱く13歳のルナとジュゼッペ。2人の仲が深まろうとする矢先に、ジュゼッペは失踪する。なぜか周囲の大人たちが口をつぐむなか、ルナは懸命に彼の行方を追う。はたしてルナはジュゼッペと再会できるのか。
『シシリアン・ゴースト・ストーリー』日本語オフィシャルサイト

『家(うち)へ帰ろう』(原題:El ultimo traje)  12月22日(土)シネスイッチ銀座他。
ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、自分を施設に入れようとしている家族から逃れ、スペイン・フランスを経てポーランドへと向かうための旅に出る。その目的は、第2次大戦中のホロコーストから逃れ、自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すことだった。
監督はアルゼンチンの人気脚本家で、監督作はこれが長編2作目となるパブロ・ソラルスによるロードムービー。。
『家(うち)へ帰ろう』日本語オフィシャルサイト

DVD 『女は二度決断する』 鑑賞/雑感

2018年12月03日 22:34

ファティ・アキン、このドイツ人の映画家督の作品に接するのは初見、『女は二度決断する』(原題:Aus dem Nichts)。
主演のダイアン・クルーガーは「イングロリアス・バスターズ」や「アンノウン」での リーアム・ニーソンの妻役だった事が頭にある程度で、内容の殺人事件の裁判を巡るサスペンス劇との情報での鑑賞。

で、どんな映画かというと、…主人公のドイツ人女性がトルコ移民の男性と結婚、以前は麻薬売買に関わっていた夫も結婚後はまじめに働き、息子にも恵まれて一家は幸せに暮らしていた。しかし、夫の勤務先の前で爆発が起き、彼と息子が命を落とす。それがドイツ人によるテロだと知った主人公は……。

結論から言うと、非常に良く出来た作品で、最初から最後まで、実に丁寧に、且つ緊迫感を維持したまま進行するドラマとなっている。
また、数々の作品賞と併せての主演女優賞も納得のダイアン・クルーガーの演技の見事さも格別で、彼女の代表作として後世に残る作品。

冒頭の結婚式の描写から、家族三人となった生活、突然の爆弾テロの悲劇、とテンポよく見せておいて、中盤からの裁判劇のサスペンス感は秀逸そのもので、法廷シーンの進め方は文句なく巧い。

裁判後の描写となる後半の展開は、賛否両論あるようだが、あの圧倒的な最後のイメージの重ね方は素晴らしいの一言、お勧めです。

『女は二度決断する』日本語オフィシャルサイト

DVD 『アメリカン・アサシン』 鑑賞/雑感

2018年11月30日 21:25

原作はアメリカのヴィンス・フリンの同名の小説、『アメリカン・アサシン』(原題:American Assassin)。
この原作者は、本作品に登場するミッチ・ラップを主人公としたシリーズを10冊以上出しているが、2012年に47歳で死去している。

この"アメリカン・アサシン"がシリーズ11作目で、過去に二見文庫から"謀略国家"と"強権国家"の二冊が邦訳されていて、その後オークラ出版のマグノリアブックスから、"アメリカン・アサシン"と、その続編にあたる"キル・ショット"の二冊が出ている。

で、映画化されたのは、これが初めてで、主人公ミッチ・ラップを演じているのは「メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエン。彼を指導するのがマイケル・キートン。監督はTV映画出身のマイケル・クエスタ。

無差別テロ事件で恋人を殺された青年ミッチ・ラップが復讐に人生を献げる事を誓いCIAの対テロ極秘スパイチームに入り、鬼教官のもとで過酷な訓練を重ねていく話が物語の前半で、いかにもありがちなストーリーなんだが、後半は核爆発を目論むテロ組織との対決になり、トンでもな展開に突入する。

なにしろ、米軍の第6艦隊が集結する海に、核爆弾を積んだモーターボートが突撃するんだが、普通はこの爆発をぎりぎりで阻止するお話になるところを、爆発させてしまう、と言う突っ込み所満載の展開で、残念なことに、このショーも無い展開のCGが、この映画の唯一の見所だった。

『アメリカン・アサシン』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------