劇場 TOHOシネマズ新宿

2015年04月28日 00:13

今回はちと趣旨を変えて、前回の『セッション』を鑑賞に赴いた"TOHOシネマズ新宿"の写真案内をば…。

今月4月17日グランドオープンした都内最大級となるシネコンである。場所は新宿歌舞伎町、旧コマ劇跡地。‥いやぁ、久し振りの歌舞伎町のメーンストリートは、昔日の怪しさが消えていた。昼間だったから、という条件もあろうが、昔は真っ昼間でも、妖怪の出没する一角だったぞ此処。
その妖怪達に変わって登場したのが、東宝曰く原寸大ゴジラという巨大ランドマーク。歌舞伎町を睥睨しております。

\kabuki_g_photo

シネコンのTOHOシネマズは、結構、あちこち行っていて、TOHOシネマズ日本橋も昨年オープンして、まもなく赴いたけど、六本木ヒルズ、日本橋、そしてここ新宿は、お勧めの施設。何せ驚異の12スクリーンで、その最大の売りが、6月下旬にオープンする“MediaMation MX4D”システム。なにせ客席のシートが動き、その他五感を刺激する特殊効果が11種類とディズニーランド並の、アトラクション型シアターとなる。

いやぁ。ここで「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を観たい。

tohocinemas_sj

TOHOシネマズホームページ。   ◎TOHOシネマズ/TOHOシネマズ 新宿ページ

「ポーランド映画祭2014」「第二回新・午前十時の映画祭」

2014年01月11日 00:05

本日1月11日から始まる「ポーランド映画祭2014」と、4月5日からの開催が予定されている「第二回新・午前十時の映画祭」の案内。

「ポーランド映画祭2014」
1月11日(土)~1月17日(金)大阪シネ・ヌーボォ / 2月8日(土)~2月11日(火・祝)京都みなみ会館
渋谷シアター・イメージフォーラムにて2013年11月30日(土)から12月13日(金)までに開催された「ポーランド映画祭2013」の年をまたいでの関西での開催となる。
上映作品や日程については下記のオフィシャルサイトを参照頂きたいが、1957年のアンジェイ・ワイダの「地下水道」から、2010年のイエジー・スコリモフスキの「エッセンシャル・キリング」までの計21本が上映される。
なお、渋谷シアター・イメージフォーラムでは上映されなかった作品も、この中には含まれているので要チェック。
「ポーランド映画祭2014」オフィシャルサイトはこちら

eigasai2014

「第二回新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」
4月5日(土)~2015年3月20日(金)、全国52劇場にて上映。
2010年2月の第一回から続く人気企画の四回目の企画。上映作品全25作品が全国52館で劇場上映される。今回は外国映画の新セレクト作品が11本、日本映画の新セレクト作品が8本、過去の「午前十時の映画祭」で上映した作品からの再上映が6本となる。なお全て最新デジタル素材による高画質DCP上映となる。
今回の新規上映作品中での注目作は「オズの魔法使」「恐怖の報酬」「俺たちに明日はない」「チャイナタウン」「ブラック・レイン」等。
「第二回新・午前十時の映画祭」オフィシャルサイトはこちら

アメコミ作家ジェフリー・スコット・キャンベルが描く、ディズニーと他の映画の、アダルトなヒロイン達。

2012年04月28日 00:04

2010年の9月に"アメコミ作家ジェフリー・スコット・キャンベルが描く、アダルトなディズニー・ヒロイン達"のタイトルで紹介した、アメリカンコミックスのアーティスト、ジェフリー・スコット・キャンベル(Jeffrey Scott Campbell)のイラストの再紹介。
前回はディズニー・アニメのヒロイン達をセクシーに描いた作品を紹介したが、今回はアニメ以外の作品でのヒロイン達も紹介する。

先ずお断りしておくが、前回のリンク先がキャンベルのイラスト以外は、結構危ない画像が多いサイトだった為、安全な(と思える)サイトでのリンクに変更させて頂いた(最近どういう訳か、ジェフリー・スコット・キャンベルで検索して当サイトに辿り着く方が多いので、要らぬお節介ながら…)、
ジェフリー・スコット・キャンベル オフィシャルサイト
BIT REBELS "Disney For Adults: 13 Daring Cartoons Of Disney Princesses!" ディズニー・ヒロインカレンダー2011
BIT REBELS "The 2012 Disney Pin-Up Calendar" ディズニー・ヒロインカレンダー2012

以下の画像はクリックで元画像サイトに移動して大きな画像表示になります。





上段画像左から右へ
スパイダーマン:メリージェーンワトソン-1 / 同-2 / X-メン:ストーム / アバター:ネイティリ / マーベル ディーバ。
下段画像左から右へ
ソー / スーパーガール / ワンダーウーマン / レッドソニア-1 / 同-2。

「渋谷シネセゾン」のクロージング特別上映

2011年01月21日 11:22

cinesaisonshibuya

前々回の「引き裂かれた女」の渋谷イメージフォーラム、前回の「ASYLUM祭」のシアターN渋谷と、渋谷の映画館の話が続いたので、2月27日に閉館となる「渋谷シネセゾン」のクロージング特別上映の話。

「渋谷シネセゾン」は渋谷区道玄坂のテアトルシネマグループの映画館で1985年に開館、ミニシアターブームの一角を担ってきたが26年目に閉館となり、テアトルシネマグループの「ヒューマントラストシネマ渋谷」に統合する事が決定。2月5日(土)から2月27日(日)の期間、クロージング特別企画上映が行われる。

このクロージング特別上映の内容は下記のサイトから参照頂きたい。全31作品の上映及び、ゲストを招いてのイベントの開催も予定されている。

「渋谷シネセゾン」オフィシャルサイト
「渋谷シネセゾン」 クロージング特別上映 ラインナップ

追記--映画館の閉館も減少する客足が原因だが、シネコン大手のTOHOシネマズが入場料金を値下げすること発表。一般1800円、高校・大学生1500円、小・中学生1000円の現行料金が、18歳以上1500円、18歳未満1000円になる。映画ファンとしては全国の映画館もこれに倣うという事態にならないかと密かに期待している。

シアターN渋谷という映画館とASYLUM祭

2011年01月19日 00:10

asylum

前回、紀伊國屋書店マーメイドフィルムの[映画の國]サイトを紹介したが、このサイトの、堅い・真面目・芸術的雰囲気とは真逆のイメージの御案内。

「シアターN渋谷」という映画館が東京・渋谷にある。日販(日本出版販売株式会社)という元来、書籍・雑誌の流通を担う会社が[本屋さんみたいな映画館]なるコンセプトで経営する映画館だが、東京唯一のカルト作品上映劇場としてマニアに知られている映画館でもある。
どのような作品を上映しているかは、シアターN渋谷オフィシャルサイトで御覧頂きたいが、ミニシアター系映画館が営業不振で閉館する昨今、頑張っている貴重な映画館である。

ここで、3月19日から4月1日迄の期間、「ASYLUM祭-アサイラムってなんだ!??-」というイベントが行われる。その詳しい内容は、ここと、ここで御覧頂きたいが、アサイラムというのは、確信犯的模倣精神に則り、粗製濫造・低予算で映画を製作する映画制作会社で、レンタルショップに並ぶ大ヒット作品に似たタイトルとジャケットのB級以下、C級の作品群を専門に制作している会社である。

突っ込み所満載、馬鹿バカしすぎて笑って楽しめるというファンが増えての異例の、しかも恐らく二度とないであろうと企画説明にも記されている特集上映企画である。成功を祈りたい。

追記--昨年末に、ここで触れた『バニシング・オン・セブンスストリート』は、『リセット』の邦題で、このシアターN渋谷・他で2月5日から公開される予定。


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------