日本公開作品『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』『バニシング』

2020年01月20日 08:24

donquixote_others

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(原題:The Man Who Killed Don Quixote)  1月24日(金)TOHOシネマズシャンテ他。
「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアムが監督作、何度も制作中止になっていた企画で、構想から30年を経て完成にこぎつけた作品。
自らをドン・キホーテと信じる老人と若手映画監督の奇妙な旅路を描く。自らをドン・キホーテと信じる老人をジョナサン・プライス、若手映画監督役をアダム・ドライバーが演じる。
『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』日本語オフィシャルサイト

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(原題:Les traducteurs)  1月24日(金)新宿ピカデリー他。
ダン・ブラウンの小説「ダ・ヴィンチ・コード」のロバート・ラングドンシリーズの4作目「インフェルノ」の出版の際に遂行されたミッションをベースに、創作された本格派ミステリー。
全世界待望のミステリー小説の完結編を各国同時発売するために、9人の翻訳家が集められた。翻訳家たちは外部との接触を一切禁止されるが、出版社社長宛てに「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば全ページを流出させる」という脅迫メールが届く。
『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』日本語オフィシャルサイト

『バニシング』(原題:The Vanishing)  1月24日(金)シネマート新宿他。
スコットランド沖の孤島で3人の灯台守が姿を消した実在の事件を元にした、新解釈のミステリー作品。監督はこれが劇場用映画デビューとなるクリストファー・ニーホルム、主演は「ハンターキラー/潜航せよ」にジェラルド・バトラー、共演は、スコットランドのベテラン俳優ピーター・ミュラン。
それにしても"バニシング"とついた題名が色々あり、先月も「ザ・バニシング -消失-」を取り上げたばかりなので、ややこしい。
『バニシング』日本語オフィシャルサイト

「未体験ゾーンの映画たち 2020」

2019年12月30日 09:28

来年も早々に「未体験ゾーンの映画たち 2020」が開催される。
最近、この手のモノがやたら増えたが、その草分けと言える企画上映シリーズで9回目にあたる。

上映は1月3日から3月26日迄で、劇場はヒューマントラストシネマ渋谷、=シネ・リーブル梅田、青山シアターの3館で、既に年内に特別選考上映が行われたものもある。

各作品の予告編は、YouTubeのこちらで観る事が出来る

mitaiken2020

本サイトの年内の更新はこれが最後になります、なお来年の更新は1月9日の予定です。

Artist Pickup Jake Parker ジェイクパーカー

2019年12月19日 07:58

ジェイク・パーカー(Jake Parker)、アメリカ、ユタユタ州を拠点とするイラストレータであり、また作家、教師でもある。コミックブック、絵本、アートブック等、多数の作品を手がけている。

jakeparker_01

代表的なコミックは、神々の先史時代の戦争によって4つの領域に引き裂かれた世界での冒険物語「スカイハート(SkyHeart)」及び、別の銀河から太陽系に来た賞金稼ぎを描く「スカルチェイサー(Skull Chaser)」等がある。

jakeparker_02

また、彼のオフィシャルサイトで、"The 10 coolest Boba Fett Fanart on the Internet"なるページを設けていて、そこで、彼以外のアーティストが描いた"インターネット上で最もクールな10人のボバ・フェット・ファンアート"というスターウォーズアート紹介のページがあり、インターネット上で彼が見つけたボバ・フェットのファンアートを紹介しているのが面白い。

jakeparker_03

Jake Parker Official site。    ◎Jake Parker Instagram Page"
Jake Parker Twitter Page。    ◎Jake Parker Tumblr Page"

日本公開予定作品『テッド・バンディ』『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』『THE UPSIDE 最強のふたり』

2019年12月16日 07:54

tedbundy_others.

『テッド・バンディ』(原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile)  12月20日(金)渋谷HUMAXシネマ他。
30人以上の女性を殺した実在の殺人鬼テッド・バンディを描く犯罪ドラマ。監督はNetflixでオリジナルドキュメンタリー「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を手がけたダニエル・ボールドウィン、テッド・バンディを演じるのは「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロン、他にリリー・コリンズ、ジョン・マルコビッチ等が共演する。
『テッド・バンディ』日本語オフィシャルサイト

『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』(原題:Death Kiss)  12月20日(金)新宿武蔵野館他。
チャールズ・ブロンソンにそっくりなハンガリー出身の新人俳優ロバート・ブロンジーが映画初主演を果たしたバイオレンスアクション。内容もかってブロンソンが主演した「デス・ウィッシュ」シリーズ(「狼よさらば」「ロサンゼルス」「スーパー・マグナム」等)に寄せて作られている。
ちなみに「狼よさらば」の原題が"Death Wish"で、こちらの原題は"Death Kiss"、邦題のの"野獣処刑人"はまだしも、タイトルにまで"ブロンソン"の名を付けるか。
『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』日本語オフィシャルサイト

『THE UPSIDE 最強のふたり』(原題:The Upside)  12月20日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町他
フランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版。主人公の介護人デルを「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケビン・ハートが演じ、全身麻痺で車椅子生活を送る大富豪フィリップを「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが演じている、監督は「ダイバージェント」のニール・バーガー。
『THE UPSIDE 最強のふたり』日本語オフィシャルサイト

日本公開予定『エンド・オブ・ステイツ』『ブライトバーン 恐怖の拡散者』『ゾンビランド ダブルタップ』

2019年11月11日 08:19

angelhasfallen_others

『エンド・オブ・ステイツ』(原題:Angel Has Fallen)  11月15日(金)渋谷HUMAXシネマ他。
原題「---Has Fallen」シリーズ3作目、邦題は「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」と来て『エンド・オブ・ステイツ』となった。
アメリカ大統領専属シークレットサービス マイク・バニングをジェラルド・バトラーが演じる人気アクションシリーズ。大統領役もシリーズ全2作と同じモーガン・フリーマンが演じている。
『エンド・オブ・ステイツ』日本語オフィシャルサイト

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』(原題:Brightburn)  11月15日(金)TOHOシネマズ日比谷他。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガンが製作を務め、監督は「インバージョン 転移」のデビッド・ヤロベスキーによるSFホラー・サスペンス作品。
子供ができずに悩んでいた女性の元に、謎めいた赤ん坊がやってくる、ブランドンと名づけられ、聡明で好奇心旺盛な子どもへと成長するが、普通にはない異常な力を発揮し始め、カンザス州ブライトバーンの町を恐怖に陥れていく。
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』日本語オフィシャルサイト

『ゾンビランド ダブルタップ』(原題:Brightburn)  11月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他。
ゾンビコメディ「ゾンビランド」の10年ぶりの続編。地球上の人類がゾンビと化したなか、自ら編み出したルールを実践し、対処する引きこもりの青年と3人の仲間は10年にわたってゾンビ社会を生き抜いていたが、しかし地球上のゾンビたちが、パワーもスピードもレベルアップし新種へと進化していた。
監督は、新たに「ヴェノム」を撮ってヒットとなったルーベン・フライシャーが、前作に続き再びメガホンをとっている。
『ゾンビランド ダブルタップ』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------