DVD 『テルマ』 鑑賞/雑感

2019年02月21日 08:29

ノルウエー製のホラー作品、『テルマ』(原題:Thelma)、監督はヨアキム・トリアー、あのラース・フォン・トリアーの親類だそうだ。

ノルウェーの田舎町で、信仰心の厚い両親のもとに育った少女テルマには、幼少期の記憶が欠けていた。成長し、オスロの大学に通うため一人暮らしを始めた彼女が、教室で発作に襲われ失神してしまうが、その時、そばにいた同級生の女性に声をかけられた事がきっかけで、彼女に惹かれ、初めての恋を経験する。

一応、分類としてはサイコ・ホラーという事になっているらしいが、怖さやグロさは一切無く、静謐に進行する物語の展開はホラーとしては異質でもある。
冒頭は、超能力を持った少女の話で、北欧版「キャリー」なんだろうと思っていたが、あぁいう映像的な面白さを期待すると、かなり退屈な部類の映画ではある。

キリストとサタンの話、象徴的に登場する蛇、カラス。ここら辺りの明確な意味は明かされず、キリスト教徒向けのオカルト映画の雰囲気なので、ハリウッド製のホラー映画がお好きならば観ない方が賢明です。

でも、これ、ハリウッドでリメイクが決まっているとか、…なんで、どんな風になるのか、そっちの方が興味ある。

『テルマ』日本語オフィシャルサイト

2019 スーパーボウル ハリウッド映画TVスポット

2019年02月07日 08:32

2月3日にジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催された第53回スーパーボウル。今年も例によってTV中継で、映画のスポットが流れたが、その中からいくつかを紹介。
一部、今年年頭に紹介の"2019年公開予定作品ピックアップ"と重複する作品も含まれます。

『アリータ: バトル・エンジェル』(原題:Alita Battle Angel)日本公開:2月
『アス(原題)』(原題:Us)米公開:3月
『ワンダーパーク』(原題:Wonder Park)米公開:3月
『キャプテン。マーベル』(原題:Captain Marvel)日本公開:3月
『アベンジャーズ・エンドゲーム』(原題:Avengers: Endgame)米公開:4月
『トイ・ストーリー4』(原題:TOY STORY 4)米公開:6月
『ワイルド・スピード/HOBBS & SHAW(原題)』米公開:8月
『Scary Stories to Tell in the Dark(原題)』米公開:8月

20419siper_b

この中での期待作は最後の『Scary Stories to Tell in the Dark』で。ギレルモ・デル・トロが、制作と脚本に参加しているホラー作品。これは予告編だけでも充分怖い、原題を直訳すると「暗闇の中で伝える怖い話」。

日本公開予定作品『ちいさな独裁者』『あなたはまだ帰ってこない 』『THE GUILTY ギルティ』

2019年01月31日 08:30

derhauptmannt_others

『ちいさな独裁者』(原題:Der Hauptmann)  2月8日(金)新宿武蔵野館他。
「RED/レッド」のロベルト・シュヴェンケ監督が母国ドイツで撮った作品で、第2次世界大戦末期に起こった実話の映画化。
偶然にナチス将校の軍服を手に入れた一兵卒が、大尉に成りすまし、出会った兵士たちを騙して服従させ権力の味を知っていき、ヒトラーを想起させる怪物的な"独裁者"に変貌を遂げていく姿を描き出す。
『ちいさな独裁者』日本語オフィシャルサイト

『あなたはまだ帰ってこない』(原題:La douleur)  2月22日(金)Bunkamuraruル・シネマ他。
「愛人 ラマン」で知られるフランスの女流作家マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を新進監督エマニュエル・フィンケルが映画化、マルグリット役を「海の上のピアニスト」のメラニー・ティエリーが演じる。
第二次世界大戦時、ナチス占領下のパリ。マルグリット・デュラスは、地下でレジスタンス活動をしていた夫をゲシュタポに突然連れ去られてしまう。彼の帰りを祈り、彷徨い、苦悩し、夫を待ち続ける不安の日々が続く。
『あなたのはまだ帰ってこない』日本語オフィシャルサイト

『THE GUILTY ギルティ』(原題:Den skyldige)  2月22日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他。。
第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞したデンマークの異色サスペンス作品。ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急通報指令室のオペレーターとして応対する日々が続いていた主人公が、ある日、今まさに誘拐されているという女性自身からの通報を受ける事になる。
電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、予測不可能な展開で注目されている作品。
『THE GUILTY ギルティ』日本語オフィシャルサイト

DVD『ファントム・スレッド』 鑑賞/雑感

2018年11月26日 20:08

ポール・トーマス・アンダーソン監督作品、『ファントム・スレッド』(原題:Phantom Thread)。
主演は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」以来の二度目のコンビとなるダニエル・デイ=ルイス、1950年代のロンドンのファッション業界を舞台に、有名服飾デザイナーと若いウェイトレスとの愛を描いた作品。
第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされて、衣装デザイン賞を受賞している。

ポール・トーマス・アンダーソンの監督作品は変わったテーマのものが多いが、作品数はそれほど多くなく、「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マスター 」等、いずれも家族や主従の人間、親子等の関係の機能が壊れていく話を多く描き、その全作の総てで脚本も手がけている。

個人的に、この監督の映像の作り方は結構好きで、見せ方を心得ていて安心して観ていられる監督の一人である。
鑑賞後、本作はヒッチコックの「レベッカ」を参考にして作られていると聞いて、成る程と納得。ある種ミステリーっぽい展開が待っていた。

まぁ、醒めた目で観れば、マザコンで偏屈な叔父さんと、年の離れた若い女の共依存関係を描いただけの映画ともとれるんで、人にはお勧め出来ない。
個人的には好きな映画ではあるけど…。

『ファントム・スレッド』日本語オフィシャルサイト

日本公開予定作品『おとなの恋は、まわり道』『マチルダ 禁断の恋』『マイ・サンシャイン』

2018年11月26日 20:06

_others

『おとなの恋は、まわり道』(原題:Destination Weddin)  12月7日(金)TOHOシネマズ日比谷他。
キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーの共演によるラブストーリーで、監督・脚本はビクター・レビン。
絶縁したはずの家族の結婚式に出席することになった男と、結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席するはめになった女が、空港で偶然出会い、口論を繰り返していたが、お互いが同じ結婚式に向かっていることを知る事になる。
『おとなの恋は、まわり道』日本語オフィシャルサイト

『マチルダ 禁断の恋』(原題:Mathilde)  12月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他。
ロシアが世界に誇るアレクセイ・ウチーチェリ監督が実話に基づいて制作し、上映禁止、賛否両論を巻き起こした話題作。
1800年代後半のロシア・サンクトペテルブルク、ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と伝説のバレリーナとの許されぬ恋を描いた恋愛ドラマ。ニコライ2世役にドイツを代表する実力派俳優ラース・アイディンガー、バレリーナのマチルダ役には、ポーランドの新進女優「ゆれる人魚」のミハリナ・オルシャンスカ。
『マチルダ 禁断の恋』日本語オフィシャルサイト

『マイ・サンシャイン』(原題:Kings)  12月15日(土)新宿武蔵野館他。
トルコ・フランスの女流映画監督で、デビュー作の「裸足の季節」がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたデニズ・ガムゼ・エルギュベン監督作品。ハル・ベリーと、ダニエル・クレイグが共演。
1992年のロサンゼルス・サウスセントラルを舞台に、実際の事件を元に描かれるヒューマン・ドラマ。
『マイ・サンシャイン』日本語オフィシャルサイト


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------